杏 東出昌大と唐田えりかの3年不倫で離婚決意か!違約金がヤバイ!

スポンサーリンク

モッピー!お金がたまるポイントサイト

杏さんが、旦那である東出昌大さんと唐田えりかさんとの不倫で頭を抱え悩んでいることが話題になっています。

その内容は、離婚するか慰謝料を抱えて復縁するかというものです。

この記事では、杏さん慰謝料か、離婚かについてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

杏 東出昌大の不倫問題

渡辺兼さんの娘で女優の杏さん(33)が今選択を迫られています。

杏さんの夫である人気俳優の東出昌大さんが、10歳年下の新人俳優の唐田えりかさんと3年前から不倫していることが明らかになりました。

現在2人はその事があり別居している。

東出昌大はイクメン&イケメン俳優として売っていて、非常にイメージが良かっただけに、この不倫報道は衝撃でした。

不倫相手の唐田えりかさんは、TBSで放送されている「病室で念仏を唱えないでください」の降板を余儀なくされ、専属モデルだった「MORE」のホームページからもプロフィールが削除されました。

東出昌大さんは現在ドラマに出演されていますが、W主演という事があり降板させることができないとしてロケ現場にて「ご迷惑をおかけしています」と謝罪しました。

一方、杏さんは夫の出ていった自宅で3人の子育てをしながら仕事を頑張っています。

ミニバンの後部座席に子供を乗せてお出かけしたり、空き時間を見つけてスーパーに買い物に行ったりと、毎日忙しい日々を送っています。

もともと「芸能界と女の子が好き」という東出昌大さんは、自分を持ち上げてくれる人が好みのようで、家では杏さんの方が立場が上だったこともあり、ダメ出しされていたりもしたような環境に耐えられなくなったのかもしれません。

とはいえ、不倫という行動をとったらどうなるか、同じ芸能界でもニュースになっている事が多くあるのでわかると思うのですが・・・。

一度、唐田えりかさんとの関係がバレて「二度と連絡しない」と誓ったようなのですが、密会は続行されていたそうですね。

また、「女の子好き」な東出昌大さんは、飲み会の席で一緒になったタレントさんを口説いていたという事実もあるから驚きです。

ここまできて杏さんはどう結論を出すのでしょうか。

 

スポンサーリンク

杏 東出昌大 離婚か復縁か

ここまでで杏さんはどんな結論を出すのか。

一時は離婚を決意していた杏さんですが、ここにきて決断を迷っているようです。

 

その理由としては、

いろいろな関係者からアドバイスをもらっているようですが、要はここで東出を許せば、杏の好感度も大幅にアップすると。杏は現在、キリンビール、ブリヂストン、ミツカン、資生堂など計7社のCMに出演していますが、それらは継続し、新たなオファーさえ舞い込むとみられているんです。

と、芸能人ならではの理由です。

もちろん杏さんの性格が悪いというわけではないでしょうが、芸能人は人気、好感度が命という部分もありますし、このような理由があって当たり前だと思います。

また別の理由としては、やはり「3人の子供の存在」だということです。

復縁をすれば、好感度が上がり仕事も増える可能性がありますが、気持ち的に果たしてそうできるのか心配されるところです。

また、復縁をすることで抱えなければいけなくなる問題も起こってきます。

それは、東出昌大さんが抱えてしまった違約金を一緒にしはらっていかなければいけないという問題です。

今現在で、東出昌大さんが支払っていく違約金は5億円と言われています。

いくら芸能人であったとしても、この金額を支払っていくのは容易ではありません。

ましてや杏さんは子供を3人抱える母親です。

子育てに、仕事、家の中のこともしなければいけませんし、体がいくつあっても足りないぐらいだと思います。

どのような形でこの問題が終わるのか、親しい関係者からは離婚を勧めているようです。

 

スポンサーリンク

杏 東出昌大 世間の反応は

この問題について世間ではどんな反応があるのでしょうか。

 

「作品に罪はないけど、このタイミングでの放送……
東出&唐田には追い討ち、もし作品をみたら杏さんは不倫された事を思い出してトラウマだろうな~」

 

「杏さん、こんなモラハラを東出昌大から受けてたのね〜😭3人育児中に酷すぎる!唐田えりかと不倫許せない!」

 

と杏さんのことを想うコメントが多く見られました。

 

スポンサーリンク

杏 東出昌大 おわりに

・杏 東出昌大の不倫問題

・杏 東出昌大 離婚か復縁か

・杏 東出昌大 世間での反応は

についてまとめていきました。

 

杏さんがどんな結論を出していくのかわかりませんが、子供達にかかる影響は最小限の影響でとどめてもらいたいものです。

最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました