憧れの車ボンネットマスコットの減少理由!主流はエンブレムに!

スポンサーリンク

モッピー!お金がたまるポイントサイト

車好きの人には少々残念なニュースかもしれません。

車の象徴、車好きの人には憧れでありステータスの一つでもあった、

ボンネットに付いている「ボンネットマスコット」

が、ある理由で最近減少してきています。

 

その理由とはどんな理由なのでしょうか。

調べてみました。

 

スポンサーリンク

ボンネットマスコットの減少理由

ボンネットマスコットは車の象徴として車体の先頭で

光り輝き、その車のブランドとしてのシンボルです。

またそれだけでなく、ボンネットマスコットがある事により

車の先端を把握するという目的もあります。

 

そんなシンボルであるボンネットマスコットが最近減少してきています。

 

その理由というのが、

2001年6月に、クルマの国際基準調和の一環として道路運送車両の保安基準等が改定され、国際基準である「乗用車の外部突起(協定規則第26号)」

YAHOO JAPAN ニュースより引用

乗用車の外部突起という見方の規則ができたのが要因です。

 

そして、「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示」が改訂され、

2009年1月1日以降に登録した車については、

「自動車の外部には、衝突時又は接触時に歩行者等に傷害を与えるおそれのある形状、寸法、方向又は硬さを有するいかなる突起を有してはならない」

YAHOO JAPAN ニュースより引用

という規定が定められています。

 

ボンネットマスコットが減少してきた理由としては、

この規定に抵触しないようにするため控えるようになった

のだと思われます。

 

昔はベンツなどでよく見かけていましたが、今のベンツを見ても

わかるようにほとんどがエンブレムになっていますよね。

 

エンブレムも見た目は良いのでかっこいいなと思う方は多いと

思いますが、ブランドの象徴としてはやはりボンネットマスコットが

輝いているのかもしれません。

 

スポンサーリンク

ボンネットマスコットの危険性

ブランドの象徴として輝いているとはいっても

やはり突起物である限りその危険性は無視できないようです。

 

ベンツに限らず国産メーカーやジャガーといった大手も

ボンネットマスコットの採用を止めているそうです。

事故などのことも考えるとやむ負えないのかもしれませんが。

「たとえば、歩行者がボンネット上に乗り上げてしまうような事故が起こった場合、ボンネットマスコットは、凶器となる可能性があります。こうした負傷などを避けるために、メーカーが採用を取りやめるケースが多くなっているのです。国産メーカーやジャガーでは、ほぼボンネットマスコットの採用をやめてますね」

GAZOOより引用

 

表面的には象徴という見方ができますが、違う見方をすれば

凶器にもなりかねないという事ですね。

 

そういった部分でもメーカーはリスクをあえて負うことは

しないのかもしれません。

 

また、最近の車の形状も昔は四角く角ばったものが主流でしたが、

現在は流れるような流線型が主流になっています。

 

形を見ても流線型にボンネットマスコットはどうなのか。

いろんな見解があるかもしれませんが、どちらかといえば

角ばった形をしている車のほうが似合う感じがしてしまいます。

 

スポンサーリンク

メーカーのプライドなのか

規定が定められたことで取り付けの採用を止めている

メーカーが増えている中、メーカーのプライドなのか

車種によっては採用しているメーカーがあります。

 

ベンツやロールスロイスです。

 

装飾部品であってその支持部から10mmを超えて突出しているものは、その先端部分に対し、装飾部品を取り付けた表面に平行な平面内のあらゆる方向から10daNの力を加えた場合に、格納する、脱落する又はたわむものでなければならない

 

装飾部品は、格納、脱落又はたわんだ後に残った突出量が10mm以下でなければならない

YAHOO JAPAN ニュースより引用

安全性が確保されていて、法令に抵触しなければ

絶対に付けてはいけない、という事ではないようで

ベンツは一部の車種に採用していますし、ロールスロイスも

採用しています。

 

この二つのメーカーは何か感覚的にプライドが働いているように

感じるのですが、購入者側から見ても規定にめげずに貫いてほしい

想いもあります。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ボンネットマスコットの減少理由について

書いていきました。

 

車体前方にあるエンブレムもかっこよくていいですが、

ボンネットマスコットが無くなってしまうのも

何か寂しいところがあります。

 

どちらとも言えませんが、現在も採用しているメーカー

には頑張ってもらいたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました