越前屋俵太 テレビ復帰!キャスト出演までどんな生活をしてたのか?

スポンサーリンク

モッピー!お金がたまるポイントサイト

越前屋俵太さん。ナイトスクープで初代探偵を勤めていましたが、テレビやメディアが嫌になり突然表舞台から姿を消しました。

そんな越前屋俵太さんが17年ぶりにテレビ復帰し俵太節は健在というところでした。

スポンサーリンク

越前屋俵太 テレビ復帰!ナイトスクープ初代探偵が情報番組で復活!

越前屋俵太さんは2003年から芸能活動を休止し、京都の山奥でやまごもりをしていたそうです。

ナイトスクープ時代には奇抜なファッションで登場し、自己主張が強い感じがありましたが、今回はジャケット姿。一見普通に見えるのですがそこは越前屋俵太さん。やはり一味違うところを見せていました。

「03年以来やから、17年ぶりかなあ。緊張しました」と第一声。6日の「キャスト」に青木理氏(53)の代役として、越前屋俵太がテレビ画面に登場した。テレビの生出演は17年ぶりのこと。かつて知られていたバンカラ風の着物姿でも、奇抜な服装でもない。ただ、よく見てみると自己主張はたっぷり。「気付きました?ジャケット、裏返しだったんですよ。世の中、表もあれば裏もあるって」。“俵太節”は健在だった。

スポニチより引用

白と黒に柄が入ったジャケットで一見普通のように見えましたが、裏返しにして着ているそうです。

普通に見せて実は裏がある、越前屋俵太さんらしい奇抜な行動です。

 

スポンサーリンク

越前屋俵太 テレビ復帰!キャスト出演までどんな生活をしてたのか?

2003年に京都の山でやまごもりをしていたという越前屋俵太さんですが、テレビ復活を果たした情報番組のキャスト出演までどんな生活をしていたのでしょうか。

5年間の隠遁生活で蓄えが底をついた08年頃、知人から誘われて大学で教鞭をとることに。「理論があるわけでもない。現場で実践してきたことをただ、伝えただけ」と自身のテレビ出演、製作での経験を例に挙げ、人生経験を語るユニークな授業を実施。評判が評判を呼び関西大、京都造形大、和歌山大、兵庫県立大で客員教授、非常勤講師を務めた。今年4月からは高知大、京都外大も加わる。

スポニチより引用

テレビの中では喋ることが絶対条件ですが、その経験を大学の講師として授業ができることがスゴイです。

越前屋俵太さんは奇抜でユニークですので、そういったところが生徒たちにの評判につながったのかもしれません。

17年からABCラジオ「武田和歌子のぴたっと。」(月~金曜後3・00)の月曜レギュラーで表舞台に戻った。「やるつもりはなかった。でも、頼まれたんで」と断れず。常々、教え子たちには「自分のできないと思うことをやるべき。失敗することが大事」とチャレンジ精神の大切さを口にしてきただけに、断る理由がなかった。

スポニチより引用

また、テレビ復帰前にはラジオで表舞台に復帰していたそうで。

 

越前屋俵太さんがテレビ復帰した番組の「キャスト」は情報番組枠としては激戦区の中にあるようなので、復帰した越前屋俵太さんが起爆剤になり激戦区を勝ち抜くことができるのか、今後が楽しみです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました