後藤謙次 最後の出演!報道ステ政治評論家コメンテーターで出演も病気に悩まされた

スポンサーリンク

モッピー!お金がたまるポイントサイト

報道ステーション政治評論家・コメンテーターとして出演していた後藤謙次さんが3月26日の放送で最後の出演を果たしました。

後藤謙次さんは4年間報道ステーションの政治評論家・コメンテーターとして出演していましたが、最後には政治、政治家が劣化したと想いを指摘しています。

また、過去には病気で一時休むといったこともあり、今回の降板にはそういった身体的な不安なども要素にあるのでしょうか。

スポンサーリンク

後藤謙次 最後の出演!報道ステ政治評論家コメンテーターで出演

報道番組として人気のある報道ステーションに4年間出演していた後藤謙次さんは、この4年間はあっという間だったと明かし、始めた当初には熊本地震、そして最後には新型コロナウイルス、東京五輪パラリンピックの延期と自分の中では想像外の出来事が起こった。と振り返りました。

そういった中で後藤謙次さんが感じたことを明かしています。

「4年間感じたのは、やはり政治と政治家の劣化。それを政治部記者を長くやってきて強く感じます。特に日本の民主主義の根幹をゆるがすような事態が日々起きていた。例えば国会軽視とか当たり前に見られていた公文書が平気で改ざんをされてしまう。そして、弱い人たちへのまなざしがほとんどないような、そういう政治が日々行われてきた」と指摘した。

スポーツ報知より引用

政治評論家として最後はやはり政治のことでコメントを振り返っています。

今回は報道ステーションを降板することになりましたが、今後もジャーナリストとして取材活動は続けていくということです。

 

スポンサーリンク

後藤謙次 最後の出演!東京の外出自粛要請に指摘


報道ステーション最後の出演となつた後藤謙次さんですが、先日小池百合子知事が発表した、東京の外出自粛要請について指摘しています。

コメンテーターでジャーナリストの後藤謙次氏は今回の小池氏の要請に「小池さんのこれまでの発信力がやや弱かったんではないか。北海道知事、和歌山県知事は果敢に立ち向かっていた。今回の記者会見も私は一手遅れの印象です」と指摘した。

 さらに「先週の3連休で自粛ムードがゆるんで人が出てしまった。それに対して大阪、兵庫は、ややイザコザめいたものがありましたが、かなり強くメッセージが伝わったと思うんです」とした上で「昨日、一昨日ですかいきなり小池さんがロックダウン、都市封鎖という非常に過激な極めて強いメッセージを送った。こういう場合はリーダーの発言は非常に大きく響く。つまり、その場合にはこういうことをやってますよ、っていうのがきちっと伝えるのが責任。そうしないとパニックばっかり誘発する」と指摘していた。

 また、小池氏が首都圏の一都六県のテレビ会議を提案したことに「遅きに失した感じがするんです」とコメントし、国と密に連携する重要性を訴えていた。

スポーツ報知より引用

東京都は新型コロナウイルス感染者が全国的にも多いですが、感染者が多い北海道なども速くに外出自粛要請や非常事態宣言をしたりしている中で、東京都はそれに対応するスピードが遅いことを指摘しています。

日本の経済の中止部である東京都ですので、外出自粛要請や非常事態宣言を出すタイミングは難しいものだと思われますが、こういった状況の中でも判断を間違えずに早々と対策を講じることがもしかしたらできたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

後藤謙次 最後の出演!病気で報道ステーションを休むことも

現在70歳を迎える後藤謙次さんですが、報道ステーションを病気で休むということもありました。

その時の病気以外にも命に関わるような病気も若い時にしています。

報道ステーションに出演していた時には持病の腰痛が悪化したのか、腰痛の手術をするということで2019年12月12日の放送以降は出演を休んでいました。

手術をするならば仕方がない事だと思う一方で話題になったことがあり、それはジャパンライフへの関与があったのでは?それについての説明責任から逃げたのでは?という事が話題になりました。

事実はわかりませんが、体のこととは言えタイミングが良すぎるという事で世間から批判をうけました。

今回報道ステーションを降板となりましたが、この時の事も降板の理由になっているのでしょうか。

ともあれ、今後もジャーナリストとして取材を続けていくという事を明かしていますので、今後も日本のことが良くなっていくように尽力してくれることを祈ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました