【本田圭佑】ブラジル初得点のシーン【動画】移籍後に病気から快復の一発

スポンサーリンク

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ブラジル1部リーグのボタフォゴに移籍した元日本代表の本田圭佑選手ブラジル移籍後デビュー戦で初得点を挙げ、各地で活躍してきたその存在感をアピールしています。

ブラジル移籍後は病気に悩まされ回復のためデビューまで少し期間がありましたが、そのうっぷんを晴らすかのような絶賛される一発を見せてくれました。

 

スポンサーリンク

本田圭佑 ブラジル初得点のシーン【動画】

本田圭佑選手はスタジアムにはマスク姿で現れました。デビューまで時間がかかった原因がインフルエンザにかかったという事だったので、スタジアムには来たがまだ調子がいまいちなのではないかとも思われたのですが、そうではなかったようです。

いくつもの海外クラブで活躍してきた本田圭佑選手といえどどんな人間でも環境が変われば調子を落としてしまうこともありますが、これからサッカー王国のブラジルで日本人として活躍を期待したいです。

無観客試合も新天地ブラジルで鮮烈デビュー弾

本田圭佑選手のデビュー戦は残念なことに無観客の試合となってしまいました。現在は世界的にもコロナウイルスの影響が出ているので仕方のない事ですが、そんな中でも新天地ブラジルで結果を残しました。

この日本田圭佑選手はトップ下で先発出場。ドリブルやスルーパスで攻撃の起点となり好機を何度も生みました。

ゴールこそPKによるものですが、ゴールキーパーの逆をつく鮮烈なデビュー弾を飾りました。

 

スポンサーリンク

本田圭佑 ブラジル初得点!メディアは高評価

デビュー戦で初得点を挙げた本田圭佑選手ですが、ブラジルのメディアは本田圭佑選手の活躍に高評価をあげているようです。

パスの配球や創造性、サッカー選手としての資質などどれをとっても高いクオリティーとブラジルのメディアは本田圭佑選手を評価しています。

ブラジルメディアは高評価だった。グローボ紙(電子版)は「良いパスを配球し、良い印象を残した」「高いクオリティーを示した」などと報じたほか、ニューサイトのUOLは「創造的な男になれることを示した」、ランス紙も「チームを助けられる資質を持っている。それに値するデビュー戦だった」と伝え、目の肥えた地元メディアに好印象を与えた。

中日スポーツより引用

これまでにイタリアセリエAのトップチームなど世界的にも本田圭佑選手は有名な選手なので、高評価はもしかしたら当たり前の事なのかもしれませんが、サッカー王国での高評価はまた他とは違うものがあります。

ブラジルではメディアだけではなくサッカーファンもサッカーに対しては厳しく見る面もあると思うので、その中での高評価は素晴らしいです。

まだまだシーズンは続きますが、体調に気をつけて今後も活躍して日本サッカーの発展に貢献してもらいたいですね。

本田圭佑選手にかける期待感

キャプテン・トップ下としてデビュー戦に出場した本田圭佑選手ですが、「キャプテン」「トップ下」役割的にも、ポジション的にもチームの中ではかなり重責のかかる立場です。普通に考えれば移籍してまだ新しい選手をそのような立場に置くということはなかなかありません。

それだけ「キャプテン」や「トップ下」はチームメンバーや監督からの信頼がなければ与えられない立場です。

もちろんこれまでの経験や活躍を評価されてということもあると思いますが、その立場を任せられる人間、という人としての信頼も本田圭佑選手にはあるのだと思います。

 

スポンサーリンク

デビュー戦に強い!?海外でのデビュー戦がスゴイ

イタリア・オーストラリアなど各地でプレーしてきた本田圭佑選手ですが、実はデビュー戦は何かを起こしています。

グランパスデビュー戦。高卒ルーキー開幕スタメンでプロデビュー。初アシスト。

オーストラリアのメルボルンビクトリーデビュー戦では、ダービー戦にキャプテンマークを巻いて出場し初ゴール。

パチューカデビュー戦は途中出場。10人で闘うなか35メートル独走して初ゴール。

ACミランホームデビュー戦で初先発初ゴール

そして今回ブラジルのボタフォゴではデビュー戦初得点。

どこのチームに行ってもデビュー戦は何かを起こしています。ですが、大事なのはこれからです。

イタリアACミランでは鮮烈なデビューを果たしましたがその後は低迷したという過去があります。

ブラジルではシーズンを通して活躍できるように頑張ってもらいたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました