19-20全国高校ラグビーの速報!ツイッターで大紹介!出場校は?

スポンサーリンク

モッピー!お金がたまるポイントサイト

2019年はラグビワールドカップが日本で開催され

日本代表の活躍も目覚ましく、一大ブームとなりました。

 

未来の日本代表が出るであろう、高校ラグビーの夢の場所「花園」

若きラグビー選手達が今この場所で戦いを繰り広げています。

 

12月27日から開催されている全国高校ラグビー選手権。

こちらでは

全国高校ラグビー選手権の速報

出場している出場校

を調査していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

全出場校を紹介

各都道府県を勝ち抜いてきた全国の高校です。

この中から未来の日本代表選手が出るのでしょうか。

北海道:旭川龍谷/札幌山の手
青森県:青森山田
岩手県:黒沢尻工業
秋田県:秋田中央
山形県:山形中央
宮城県:仙台育英
福島県:郡山北工
茨城県:茗溪学園
栃木県:国学院栃木
群馬県:桐生第一
埼玉県:浦和
東京都:東京/本郷
千葉県:流経大柏
神奈川県:桐蔭学園
山梨県:日川
長野県:飯田
新潟県:新潟工業
富山県:富山第一
石川県:日本航空石川
福井県:若狭東
静岡県:静岡聖光学院
愛知県:中部大春日丘
岐阜県:関商工
三重県:朝明
滋賀県:光泉
和歌山県:近代和歌山
奈良県:御所実業
京都府:京都成章
大阪府:大阪桐蔭/常翔学園/東海大大阪仰星
兵庫県:報徳学園
岡山県:玉島
広島県:尾道
鳥取県:米子工業
島根県:石見智翠館
山口県:山口
香川県:坂出第一
徳島県:城東
愛媛県:松山聖陵
高知県:高知中央
福岡県:東福岡
佐賀県:佐賀工業
長崎県:長崎北陽台
熊本県:熊本工業
大分県:大分東明
宮崎県:高鍋
鹿児島県:鹿児島工業
沖縄県:名護

スポンサーリンク

選手権の速報

1回戦の結果速報

12月27日(金)

長崎北陽台(長崎) 53-0 ×桐生第一(群馬)

×坂出第一(香川) 0-29 〇青森山田(青森)

×玉島(岡山) 0-5 〇浦和(埼玉)

×熊本工業(熊本) 14-36 〇関商工(岐阜)

×米子工業(鳥取) 0-82 〇黒沢尻工業(岩手)

大分東明(大分) 35-0 ×飯田(長野)

×高鍋(宮崎) 14-26 〇札幌山の手(南北海道)

松山聖陵(愛媛) 38-10 ×旭川龍谷(北北海道)

12月28日(土)

報徳学園(兵庫) 162-5 ×山形中央(山形)

尾道(広島) 57-7 ×仙台育英(宮城)

石見智翠館(島根) 132-0 ×富山第一(富山)

×山口(山口) 12-24 〇日川(山梨)

若狭東(福井) 36-21 ×郡山北工(福島)

×名護(沖縄) 12-36 〇静岡聖光学院(静岡)

×鹿児島工業(鹿児島) 21-50 〇茗溪学園(茨城)

城東(徳島) 21-7 ×新潟工業(新潟)

×高知中央(高知) 24-26 〇秋田中央(秋田)

光泉(滋賀) 31-19 ×本郷(東京第2)

×近大和歌山(和歌山) 5-36 〇朝明(三重)

スポ速より引用

 

2回戦の結果速報

佐賀工(佐賀) 97-0 ×若狭東(福井)

×城東(徳島) 0-34 〇日本航空石川(石川)

×朝明(三重) 0-79 〇御所実業(奈良)

スポ速より引用

 

今後の結果速報に関しては結果が分かり次第追記していく

ようにします。

 

またツイッターでも速報を出しているのでチェックしてみてください!

ツイッターで結果を知りたい方はこちら

 

勝ったチームが負けたチームに声をかける、ノーサイドゲーム。

大事なスポーツ精神ですね。

 

またこちらのサイトでも速報を確認することができます。

 

スポンサーリンク

今大会の注目選手

どの大会でも必ず注目の選手がいますが、今大会での注目選手は

どんな選手なのでしょうか。

注目の選手達

今大会では別格が3人います。

大阪桐蔭の主将FL(フランカー)奥井章仁

PR(プロップ)江良颯

報徳学園(兵庫)の主将FB(フルバック)山田響

 

3人はいずれも3年生ですが、2年生の時には高校日本代表に

選ばれています。

2年生の時にはすでに化け物級ということですね。

 

また報徳学園の山田響に関してはさらに別格のようです。

山田は昨年度、高校日本代表だけでなく、高校2年生で唯一ユース五輪代表に選ばれ、銅メダル獲得に貢献した。鋭いステップとスピードでカウンター能力に長けた選手だ。報徳学園が上位に進出するためには山田のランが欠かせない。

J SPORTSコラム&ニュースより引用


J SPORTSコラム&ニュースより出典

 

神奈川県代表桐蔭学園にも注目選手がいます。

昨年度は1年生ながら桐蔭学園(神奈川県)のNO8(ナンバーエイト)として準優勝に貢献し、存在感を見せた佐藤健次(2年)だ。8月にはU17日本代表主将も務めた。

「昨年度の決勝の大阪桐蔭戦でフィジカルの重要性がわかった。タックルに力を入れてきた」という佐藤は大阪桐蔭の奥井との再戦を心待ちにしている。

J SPORTSコラム&ニュースより引用

2年生ながらも頼もしいコメントでチームにも勢いをつけています。


J SPORTSコラム&ニュースより出典

 

こちらも読まれています

”高校ラグビー選手権の注目選手”続きはこちら

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

全国高校ラグビー選手権の速報

出場している出場校

について調査していきました。

 

高校生たちの熱い戦いを感じながら

何か刺激を感じられるものがあるかも

しれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました