イチロー 始球式決定をマリナーズが発表!引退した現在は?名言は出るか

スポンサーリンク

モッピー!お金がたまるポイントサイト

球界を引退したスーパースターであるイチローさんが話題になっています。

その内容は、マリナーズの本拠地で始球式を行うことが決定というものです。

この記事では、イチローさん始球式決定をマリナーズが発表についてまとめていきます。

スポンサーリンク

イチロー 始球式決定をマリナーズが発表

イチローさんが始球式を行うことがマリナーズより発表されそれについて報道されました。

始球式を行うのは現地3月26日というこです。

現在、マリナーズのスプリングトレーニングに“参加”しているイチロー氏は打撃投手を務めるなど現役時代と変わらぬ動きで選手たちをサポート。そんな中、球団公式ツイッターは「正式発表、イチロー・スズキが開幕戦で始球式を行う」と発表した。

同ツイッターにはイチロー氏が背番号「51」のユニホーム姿で打撃投手としてマウンドから投球を続ける動画も公開。すでにこの動画は7万再生回数を超え話題になっている。本拠地で開催されるレンジャーズとの開幕戦で、再びグラウンドに姿を見せるイチロー氏にファンも感激した様子。

Full-Countより引用

イチローさんは昨年3月21日に東京ドームで行われたアスレチックス戦で現役を引退し、その時には日本中に感動を与えてくれました。

そして現在は、マリナーズの球団フロントに入る一方で選手の指導やサポートをしています。

イチローさんは現役の時から、日本でもアメリカにおいても選手から慕われ、選手たちのお手本になっていたので、指導されている選手も”光栄”に思っているのではないでしょうか。

過去にもマウンドに立った経験がある

イチローさんはメジャーリーグでマウンドに立った経験があります。

同氏はマーリンズ時代の15年10月4日のフィリーズ戦で八回から登板して1回2安打1失点。打者5人に対し、最速143キロの直球にスライダーとチェンジアップの変化球を織り交ぜ計18球を投げた。試合後は志願のマウンドだったことを明かし、「2度とピッチャーの悪口は言わないと誓いました」、「自分の中にすごい悔しさが残っていたことがちょっとよかった」などと話した。

デイリーより引用

日本では高校野球において投手がライトなど別のポジションから選手交代でマウンドに立つという事はよくあることですが、プロの世界でこのような同じことはなかなかありません。

それだけイチローさんは首脳陣からの人望が熱いということなのだと思います。

 

スポンサーリンク

イチロー 始球式決定 準備万端で投球動画を公開

イチローさんはこの始球式に向けて準備万端のようです。

最近では草野球もやっていた他、現役を引退した今でもトレーニングはしているということですので、スタイルも変わっていないですし、何より投げてる球が速いですよね。

もしかしたら、始球式史上最速の球速をだすかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

イチロー 始球式決定について世間の反応は

このイチローさんの始球式決定に世間はどんな本当をしているのでしょうか。

イチローは引退後でも”華を与えてくれるのか”始球式は一瞬とは思いますが、旧セフィコフィールド球場の開幕戦が楽しみですね。 ヒットをカウントしていた女性も見に来るのかな?

引退試合を観られなかった地元ファンには最高のプレゼントですね!
イチローならそのまま初回を投げきって【オープナー】の役割さえも出来そうですね!

打撃に関して、晩年はなかなか結果がついてこなかったけど、投げる・走る・守るはまだまだ高水準。

セレモニー的な始球式も良いけれど、できればガチンコ勝負な始球式も見てみたい!

いや勿論バッターの方が(なんぼ何でも)強いだろうし、打っちゃうんだろうけどさ。
イチロー「選手」には、まだ夢を見てしまうんだよね・・・

素晴らしい投球を見せてくれるでしょうね。
イチローは見せ方を知ってるし、エンターテイナーなところが沢山あるので、凄く楽しみです。
球場名が変わったのが少し寂しいけど、マリナーズは応援してます。

世間の人達もイチローさんの始球式に関しては興味があるようですね。

中には、そのまま1回を投げきれるのでは?というコメントもありました。

イチローさんが始球式でどんなピッチングを見せるのか、今から楽しみです。

 

スポンサーリンク

イチロー 始球式決定 おわりに

イチロー 始球式決定をマリナーズが発表

イチロー 始球式決定 準備万端で投球動画を公開

イチロー 始球式決定について世間の反応は

についてまとめていきました。

 

現在マリナーズのフロントとして現役を退いてる身ですが、今でもトレーニングを続けているイチローさんがどんな球を投げるのか、嫌でも期待が高まってしまいます。

最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました