麒麟がくる 苦戦理由、大河ドラマなのに視聴率が下がる理由は?

スポンサーリンク

モッピー!お金がたまるポイントサイト

現在放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」のことが話題になっています。

その内容は、麒麟がくるが視聴率が判明したことで苦戦しているという内容です。

この記事では、大河ドラマ麒麟がくるの苦戦理由をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

麒麟がくる 苦戦理由・・・その理由とは?

戦国時代の有名人である明智光秀を通して描かれる「麒麟がくる」

放送前は明智光秀が主役の大河ドラマということもあってか、その期待は周囲でも話が出るほどのものでした。

現在は4話までが放送され、期待通りに人気も出ていくのかと思われました。

しかし、現況は上手くいっていないようです。

第1話の視聴率こそ19.1%と期待通りのスタートを切ったのですが、その後は17.9%→16.1%→13.5%と、第4話にして10%前半と下落を続けてしまっています。

前作の「いだてん」が低視聴率だっただけに、今回は盛り返したい大河ドラマですが、麒麟がくるの苦戦理由にはどんなものがあるのでしょうか。

苦戦理由1 序盤から急落

視聴率の下落をみてもわかるように、初回放送の19.1%からすると約3割の視聴者が観なくなったということになる。

今までの大河ドラマで「観なくなった」とよく言う理由の中には、あまりおもしろくない、と言う人がよくいます。

初回、第2話と観ていく中で、何かしらの理由がありおもしろくなくなったという事ですが、そういった人を再度視聴者の中に戻していくには、ドラマの内容を再度検討していく必要があると思います。

苦戦理由2 女性に不人気

苦戦理由2つ目は、女性に不人気という点です。

関東地区の2000世帯、5000人の視聴データを分析した結果、F1層(20~34歳女性)が、4話放送までにほぼ半減したそうです。

逆にM1層(20~34歳男性)は全く下がっていないという結果が出ています。

さらに他の女性層のデータを見てみても、やはり半減しているという結果。

若年層の女性からの人気がまったくと言っていいほどないようです。

現代の進んだ技術により映像はキレイで美しくできますが、やはりストーリーの展開が面白くなくては視聴者も減ってしまうのではないでしょうか。

苦戦理由3 高齢・単身女性の影響

F3層(65歳以上女性)の視聴率が初回20.4%だったのに対し、4話では13.6%と急落しているようです。

大河ドラマに関して言うと、若年層の女性よりも高齢層の女性のほうが大河ドラマを観る人は多く、この年代の女性が観なくなるというのは大打撃ともなる。

また、現代ではチャンネル権がもしかしたら女性に移っていっているのかもしれませんし、そういった理由を予測していくと、この層の女性が離れていくことはかなり痛いことになります。

 

このように、現段階では女性からの支持がどんどん落ちているということが苦戦を強いられている理由なのだと推測されます。

ですが、まだ4話。まだ先は長いですので、何とか女性層を戻せるようにしていき、さすが大河ドラマと言わせられるように考えていってもらいたいです。

 

スポンサーリンク

麒麟がくる 苦戦理由 視聴率でわかった苦戦という現状


フライデーより出典

視聴率のグラフでもわかりますが、第4話を終えて他の大河ドラマと比べると軒並み下がっていることがわかります。

他の大河ドラマは、落ちてはいるが次には上がっている、落ちているそれほどの数字が落ちたわけではない、という中、麒麟がくるに関しては2話目から下落を続けていることがわかります。

このように下がってくると、5話目からはどうなっていくのか気になってきます。

この数字が右肩上がりに上がっていくことはできるのでしょうか。

その鍵を握るのは女性層が戻ってくること、これが今課題として挙げられる問題の1つです。

映像などのこだわりももちろん大事な部分ですが、「女性も楽しめる」ようなストーリを作っていくことが一番の重要点なのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

麒麟がくる 苦戦理由 世間はどうみているのか

麒麟がくるについて、世間ではどう見ているのでしょうか。

「俳優さん達は色んな事が有っても皆さん良いドラマにしようと頑張っておられますよねー
主演の長谷川さんをはじめ皆さまの演技は素晴らしいと思って観てますよ!
音楽もドラマチックで素敵です。

どうか俳優さん達、スタッフさん達…
こんなニュースに心折れないで頑張って下さい!
楽しみに拝見してますのでーー)^o^(」

「登場人物が三英傑(信長・秀吉・家康)の前の世代が今は軸になっているから、この人誰?と言うのが出てくるから仕方ない。現時点で有名なのが斎藤道三くらい、これから三英傑や武田、上杉などが出てくるから感情移入がし易くなるのでは。そもそも女性に媚びる大河はもう要らない。」

「軽すぎるって意見もありますが、青春期の軽さ明るさがないと、クライマックスであろう本能寺の変に至るまでの重厚さと対比できないのではないかなと思います。どんな脚本になるかわかりませんが。私は女ですが女子ウケなど気にせずやってもらいたいです。」

「大河は必ずしも日曜8時でなくても良くなったし、今は半ば創作の世界だから感情移入しきれないのでは。変に視聴率気にしてテコ入れせずに、スタッフや脚本家が描きたかった世界を初心を貫いて制作して欲しい。」

と演者や製作スタッフに対して応援する内容のコメントも多くみられます。

他にも多くのコメントがありましたが、基本的には視聴率を気にしないで今のままやっていってほしいという声が多かったです。

 

スポンサーリンク

麒麟がくる 苦戦理由 おわりに

麒麟がくる 苦戦理由・・・その理由とは?

麒麟がくる 苦戦理由 視聴率でわかった苦戦という現状

麒麟がくる 苦戦理由 世間はどうみているのか

についてまとめていきました。

 

まだまだ序盤で、人物もこれから成長していき有名な武将もこれから出てくると思いますから、感情移入できるのももしかしたらこれからかもしれません。

今回の大河ドラマがどのようになっていくのか、これから期待です。

最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました