前田健太 ツインズへの移籍復活!破談しかけたトレードの結末は

スポンサーリンク

モッピー!お金がたまるポイントサイト

2016年からメジャーリーグのドジャースで活躍している前田健太投手の移籍に関してが話題になっているようです。

一度はツインズへの移籍が破談しかけた今回のトレードですが、最終的な結末はどうなったのでしょうか。

この記事では、前田健太ツインズ移籍復活についてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

前田健太ツインズ 破談しかけた移籍が復活

ツインズへの移籍が消えかけていた前田健太投手ですが、2月9日にドジャースを離れるというトレードの情報が明らかになりました。

前田健太投手は、もともと先発を熱望しこのトレードに臨んでいました。

3球団を含める今回のトレードにレッドソックスがツインズとの交渉に難航を示していたため、話は流れるという形になっていました。

ですが、急展開してツインズとの2球団でのトレードとなり、前田健太投手のトレードが決定的になりました。

今回のトレードについては、

『先発を熱望する前田にとって、いいトレードになる』

との推測をメディアではしているようです。

前田が絡んだ3球団の大型トレードは4日に複数の米メディアなどが報じた。だが、グラテオルの身体検査を受け、最終的な移籍先だったレッドソックスが先発に向かないと問題視。追加要員を求められたツインズが応じなかったため、交渉は暗礁に乗り上げていた。

当初はレッドソックスを含めた3球団間のトレードだったが、2球団間で決着したもよう。

前田健太投手は今回のトレードに対してコメントを残しています。

“僕にとって今回のトレードはいいものになったと思います”

ツインズは先発投手を補強したかったという考えがあったので、ドジャースに待遇改善を訴えていた前田健太投手としては良いトレードだと思えたのでしょうか。

 

スポンサーリンク

前田健太ツインズ 確立したメジャーでの地位

4年間ドジャースで活躍をしてきた前田健太投手は、地元でもしっかりと地位を確立していた模様です。

トレード前に今季の3本柱は「ウオーカー・ビューラー、クレイトン・カーショー、ケンタ・マエダである」と評価した。経済紙「フォーブス」の記者は発表後に「マエダの穴はデービッド・プライス(レッドソックス)では埋められない」ともつぶやいた。

3本柱。マエダの穴は埋められない。

など、このような言葉が異国の人間から出てくるという時点で、前田健太投手の活躍を認めているということ。

この4年間の実績を持ち、移籍が決まったツインズでさらなる活躍を期待したいですね。

 

スポンサーリンク

前田健太ツインズ 世間のコメント

このトレードに対して世間ではどんな反応をしているのでしょうか。

契約社会だから仕方なかったんだけど、ドジャースの対応はエグいもんもあったからね。日本人的に契約までに到れば少なくとも大切にしてもらえるだろうとか期待したら痛いしっぺ返しが来ると言うこと。いかに有利な契約を勝ち取る事が大事か。今後海を渡る選手は妥協なき契約を勝ち取って欲しい。

ドジャースは前田の年俸をできる限り減らそうと短いイニングで変えたりシーズン中に中継ぎやらせたりインセンティブカットに余念がなかったかがツインズはそんなセコい計算はしないから先発一本で頼むぞというのが伝わってくる。

全て前向きにとらえましょう。ツインズでは、先発が約束されていますので、良かったです。頑張ってください。

もう確定でいいのかな。
マエケンは移籍した方がいいと思ってました。
がんばれーマエケン。

本当に良かった。ツインズは男気のある球団ですね。マエケンはこの恩をピッチングで返して欲しい。

前田健太投手を応援するコメントもあれば、ドジャースを批判するコメント、逆にツインズへ期待するようなコメントがありました。

 

こちらの記事も読まれています。

▶▶▶前田健太 移籍破談ド軍残留も!これまでの年俸推移や通算成績を調査

スポンサーリンク

前田健太ツインズ おわりに

・前田健太ツインズ 破談しかけた移籍が復活

・前田健太ツインズ 確立したメジャーでの地位

・前田健太ツインズ 世間のコメント

についてまとめていきました。

 

宙ぶらりんになっていた前田健太投手の去就でしたが、ひとまずひと安心といったところでしょうか。

来季の前田健太投手の活躍を期待しながら応援していきましょう。

最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました