中島翔哉【ポルト】トップ下で無双!移籍後初ゴールでチームに貢献!

スポンサーリンク

モッピー!お金がたまるポイントサイト

現在ポルトガルリーグでプレーをしている中島翔哉選手。

19日に行われたポルトガルカップでポルト移籍後初のゴールを

決めてチームの準々決勝進出に貢献しました。

 

この日の中島翔哉選手はどんな活躍だったのでしょうか。

調べてみました。

 

スポンサーリンク

中島翔哉選手の活躍

この日中島翔哉選手はトップ下で公式戦2試合連続で先発出場します。

ピッチは悪条件。土砂降りの中試合が始まりました。

 

試合後ポルトを率いるセルジオ・コンセイソン監督はこう言っています。

後半は正直、ゴールへのシュートを覚えていない」「試合開始前からピッチが後半のような状態だったら間違いなく延期すべきだった

FOOTBALL CHANNELより引用

相当な土砂降りの雨だったようです。

 

そんな中、中島翔哉選手はやってくれました。

待ちに待った瞬間が訪れたのは29分のことだった。MFルイス・ディアスからのパスを受けたFWゼ・ルイスがペナルティエリア手前で前を向き、相手ディフェンスを釘付けにしながら右に走ったMFヘスス・コロナへ展開する。

コロナは目の前のDFとの駆け引きを制すと、ゴール前に鋭いラストパスを送った。そこにディフェンスラインの背後から飛び込んだのは、中島だった。背番号10の日本代表は倒れこみながら、自身のポルト加入後初ゴールをねじ込んだ。

FOOTBALL CHANNELより引用

見事ポルト移籍後の初ゴールを決まました。

試合は後半に入るとピッチ条件が悪いせいか、選手の調子も

上がらず、決定的なシーンはほとんど生まれずそのまま試合終了。

 

現在のポジションはトップ下に近い役割を担っており、先日行われた

ポルトガルリーグ1部の試合では、同じポジションで2つのゴールに

絡む活躍をみせている。

 

このポジションになったことで本来の実力を発揮できているのかも

しれませんね。

 

なぜかと言うと、このポジションに移る前はサイドを中心に

行っていて、ポジション争いをしていまいたが、控えに甘んじて

いたことが多かったのです。

出場試合時間は毎試合10分程度でした。

 

中島翔哉選手が得意としているのは、ドリブルそして

ミドルシュートです。

やはりサイドというポジションでは中央に比べてその数も

減りますし、自分の特徴が活かせないポジションだったのだと思います。

 

そして、中央のポジションに移った今。

この活躍です。

 

監督が戦術を再度見直し今ポジションにしたことで、動き回れる

範囲も広がり、今までの”サイド”という締め付けが無くなったことで

本来のプレースタイルが輝いているのだと思います。

 

そうなってからの中島翔哉選手はまさに

「無双」

そう言っても過言ではありません。

 

 

スポンサーリンク

中島翔哉選手のこれまで

現在はポルトで活躍を果たしていますが、これまでの

サッカー経歴はどういった経歴だったのでしょうか。

 

中島翔哉選手のサッカー経歴

2004年10歳の時に、東京ヴェルディの下部組織に加入。

 

その後中学生に上がった時には、なんと3回もブラジルに

サッカー留学しています。

3回というのはスゴイですね。

やはりこの時からサッカーの素質が秀でていたのですかね。

 

高校では東京都立調布南高校という公立の高校に進学していますが、

途中で通信制の高校に転校しています。

なぜかと言うと、もちろんサッカーに集中するためです。

 

そして、プロのサッカー選手として活躍の場を広げていきます。

 

東京ヴェルディ(2012-13)

FC東京(2014)

カターレ富山(期限付きの移籍)

ポルトガルポルティモネンセSC(2017-2018期限付き)

ポルト(現在)

 

日本代表にも選出

2011年日本Uー17

2013年日本Uー19

2014-2016年 日本U21/22/23

2018年A代表初招集。

 

スゴイですね。ほぼずっと日本代表です。

ロシアワールドカップでの期待も大の選手です。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

中島翔哉選手の無双・初ゴールについて

調べさせていただきました。

 

トップ下になったことで本来のプレーが

できればこれかどんどん活躍できるのでは

ないでしょうか。

 

日本代表を含め今後期待ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました