必見!送別会の司会進行の流れと挨拶の例文!そのポイントは?

スポンサーリンク

モッピー!お金がたまるポイントサイト

この時期になると増えてくるのが送別会、定年になり退職される方や、異動される方がいると思います。

今までお世話になった上司や一緒に頑張ってきた同僚との最後の時間になるのが送別会、そんな送別会を送る側、送られる側ともに心に残るものにしていきたいですよね。

ただ、普通に出席するだけであれば気楽に楽しめますが、幹事や司会進行を頼まれたらどうでしょう?

司会進行をスムーズにこなせるのか、全体のプランはどうしよう、挨拶はどんな感じなのか、いろいろな不安が出てくるのではないでしょうか。

今回は送別会の司会進行をどのように進めていったらよいのか書いていきます。少しでもお役に立てていただければと思います。

流れや司会挨拶のセリフやポイントを、例文を交えながらご紹介していきます。

スポンサーリンク

送別会までの事前準備

幹事や司会進行役を頼まれた時には送別会自体の事前準備をしなければいけませんよね。

日取り、会場、招く人達へのお誘いや挨拶のお願いなどの対応などやらなければいけない事がたくさんあります。

事前準備がしっかりできれば、本番でもスムーズに進行していけますので、心に余裕を持って頑張っていきましょう。

開催日・予算から送別会の会場探し

まず悩むところと言えば、「会場はどうするか」「予算はどれぐらいがいいのか」というところだと思います。

開催日に関しては、辞められる方の都合のいい日に決めましょう。
最後の出社日か、あるいは一週間前後以内が可能であればオススメですね。

予算ですが、かかりすぎてしまうと負担ですし、だからといって少なすぎも申し訳ない感じがしてしまいますよね。

ひとつ基準として挙げるのであれば、10人満たないぐらいの人数であれば、3000~5000円で、10人以上の出席があるならば、2500円~3500円内で会場をいくつかピックアップしておきましょう。

ピックアップしたら3つほどに会場候補を絞り、出席する方に確認をとりその中で一番人気のある会場に決めれば問題はありません。

※会場を予約しておく上でのポイント!
会場は当日の2~3週間前には予約しておいてください。せっかく候補を挙げても予約が近々になりお店の予約がとれない、という事もありますし、退社の話は一ヶ月前から進んでいる事が多いですし、余裕を持って準備したほうが安心できます。

送別会までに決めておきたいこと

送別会の参加者には、直接かメールなどで参加のお誘いをする形で問題ありません。

中には送られる側の方と親しい方、深い仲の方がいると思います、そのような方には最後にプレゼントやお花などの贈り物を渡す役をお願いしておくといいです。

また、この時に送別会開始の挨拶や乾杯の音頭をお願いしておきたいところですね。

誰にお願いするかはこの後紹介していきますね。また、例文も入れながら流れをご紹介していきます。

スポンサーリンク

送別会の司会進行プラン

まずは全体の流れを把握しておきましょう。

1.始まりの挨拶
2.上司代表の挨拶
3.乾杯
4.食事・歓談
5.送る方からの贈る言葉(餞別の言葉)
6.プレゼントの贈呈
7.送られる方の挨拶
8.締めの挨拶・手締め、万歳三唱など
9.解散・二次会の案内

この流れに沿って送別会の司会進行、挨拶を例文やポイントを入れながらご紹介していきます。
司会進行を任された方には、ぜひお役に立てていただき最高の会になればと思います。

スポンサーリンク

送別会での司会進行と挨拶などの例文とポイント

始まりの挨拶

始まりの挨拶は司会が行います。固い感じで言えば、この会の開始を宣言します、といったところです。

始まりの挨拶の例文

「それでは予定の時刻となりましので、これより○○さんの送別会を始めます。」

「本日はお忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。司会進行を務めさせていただきます、○○です、どうぞよろしくお願いします。」
<p

上司代表の挨拶

始まりの司会の挨拶が終わったら、次に上司代表の挨拶に移ります。

※ポイント
上司代表ですが、参加者の中で一番上の役職の方にお願いをします。

上司代表紹介の挨拶例文

「それでは、開始に先立ちまずはじめに〇○さんより一言ご挨拶いただきたいと思います、よろしくお願いいたします。」

乾杯の音頭の例文

上司代表の挨拶が終わりましたら次に乾杯の音頭に移ります。

※ポイント
乾杯の音頭は、上司代表の挨拶を担当してくださった方か、一つ役職が下の方、また送られる方の直属の上司の方にお願いしてもいいです。

ただ、その方達があまり得意でないようであれば司会が引き受けたほうが喜ばれますし、スムーズに進行できます。

乾杯の音頭の例文

・司会が音頭を行う場合
「○○さん、ありがとうございました。(上司代表の挨拶からの流れ)
それでは僭越ながら乾杯の音頭をとらせていただきます。お手元にグラスをご用意ください。乾杯!!」

・他の方に引き受けてもらう場合
「それでは乾杯に移らせていただきます。乾杯の音頭は、○○さんよろしくお願いいたします。みなさん、グラスの用意はよろしいでしょうか。」

食事・歓談を伝える例文

乾杯が済み次第食事・歓談の時間に入ります。料理が到着している場合、到着していない場合があると思いますので、それぞれの例文が参考になればと思います。

食事・歓談に入る時の例文

※食事が到着している場合
「それでは皆さん。食事の用意もできております、おいしい料理、おいしいお酒を飲みながらご歓談ください。」

※食事が到着していない場合
「食事の用意が整うまで、ご歓談しながらしばらくお待ちください。」

贈る言葉を行ってもらう方のご紹介例文

食事・歓談でいい頃合いになりましたら、次に贈る言葉に入っていきます。

※ポイント
贈る言葉に関しては、送られる方がお世話になっていた上司、または関わりが深い方、一番仲良くしていた方などにお願いしておくとよいです。

また、各地で勤務していた場合は各勤務先の方にも声をかけておくことで、その方の功績やエピソードを話してもらえるので、送られる方の人柄もわかり場も盛り上がったりします。

贈る言葉を進行していく際の例文

※異動の場合の例文
「この度○○さんは、△△へ異動される事になりました。本日は○○さんへの贈る言葉として、××さんよりご挨拶いただきます。××さんよろしくお願いいたします。」

※定年退職などの場合の例文
「この度○○さんは、この会社を離れる事になりました。これまで尽力くださった○○さんへの贈る言葉として、××さんからお別れの言葉をお願いしたいと思います。」

プレゼント贈呈の時の司会例文

※ポイント
プレゼントを贈呈してもらう方ですが、参加者の中で一番上の立場の方が一般的です。または、一番お世話になっていた上司、関わりの深い方、面倒をみていた後輩などから渡す事もあります。

プレゼントの贈呈に合わせてに渡す事ができるように、事前に打ち合わせをしておくとスムーズです。

プレゼントの他にも、寄せ書きした色紙や花束など添えると感激も増えますね。

プレゼントの贈呈例文

「××さん、ありがとうございました。続きまして〇×社一同よりプレゼントを用意いたしました。皆を代表して××さんにお渡ししていただきます。××さん、よろしくお願いいたします。」

送られる方の挨拶の例文

送られる方に挨拶をお願いする時の例文

「それではここで○○さん、一言お願いいたします。」

締めの挨拶と手締め・万歳三唱

時間も終わりに近づきお店をでなければいけないタイミングになったら送別会を締める挨拶となります。

※ポイント
締めの挨拶は、二番目に偉い役職の方にお願いするといいですが、すでに他の挨拶などをしてしまっている時は、同じぐらいの地位の方にお願いすれば大丈夫です。

挨拶が終わったら、司会者が手締めあるいは万歳三唱の音頭をとります。

締めの挨拶、手締めの音頭例文

「それでは、□□さんより締めの挨拶をお願いします。□□さん、よろしくお願いいたします。」

「ありがとうございました。では最後に○○さんの前途を祝して手締めを行いたいと思います。みなさまご起立願います。 →→(手締め)」

「ありがとうございました。みなさま○○さんに激励の拍手をもう一度お願いいたします。」

解散・二次会の案内の際の司会例文

解散・二次会の誘導は、送別会が終了したら速やかに行ってください。お酒も入っているのでいろいろと面倒なことにならないように速やかなタイミングで誘導をうながしましょう。

解散・二次会案内の司会例文

・解散の時の例文
「それではこれで○○さんの送別会を終了いたします。ご参加していただいた皆さんありがとうございました。気をつけてお帰りください。」

・二次会の案内例文
「これにて○○さんの送別会を終了いたします。本日はご参加いただきありがとうございました。この後二次会に参加される方は、外でお待ちください。」

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか、司会進行を任されて色々と不安になっていたり、どうすればいいのか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

送別会の司会進行は、準備から会の進行、挨拶など関連する方への対応などやらなければいけない事が多岐にあり大変な役だと思います。

ですが、終わった時にはいつもとはまた違った達成感もあるはずです。

送られる方の為、参加者全員の為、また自分の為にも頑張ってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました