SPEED解散の舞台裏!解散した理由とは?懐かしの楽曲を振り返る

スポンサーリンク

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

この投稿をInstagramで見る

 

お仕事。 お声かけくださったお気持ちをとても嬉しく思うのであります。 反省したり、落ち込むこともあるけど、今に集中して、私にできることを私らしく。 前へ。 お仕事中は特に意識して明るい気持ちで元気にいたい。 だって当然ながら、私だけのことではないのだから。 今日もたくさん勉強になりました。今の自分をまずは自分が受け入れて愛してあげなきゃ。うん。 はじまりはいつも、今、ここ。 感じたことから逃げたくない。 今、そんな気持ち。 そんな気分。 あったかい現場でありました。 ありがとうございました🙏✨。 またお知らせいたします!。 #なんのポーズだ? #自分でもわからない笑 #気持ちを表現してみました #お洋服が秋冬に #暑かったよね笑

Hiroko(@hiroko.shimabukuro)がシェアした投稿 –

振り返るともう20年経ちました。

当時絶対的な人気で日本のトップを走っていた

4人組女性グループのSPEED

 

ライジングプロダクションの所属アーティストの楽曲を集めた

最新アルバム『Heartbeat』が12月25日に発売されたことや、

ここ数日テレビでSPEEDの曲が流れていることでSPEED熱が

再熱しているみたいです。

 

そんなSPEEDがなぜ解散をしたのか?

ここでは

SPEED解散の舞台裏!

解散した理由とは?

懐かしの楽曲を振り返る

を調査していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

SPEED解散の舞台裏!

解散は彼女達だけの判断でなされたものではありません。

やはり周りの関係する方達や所属事務所(ライジング)の社長など

いろいろな方が関わっている中で、社長の平さんはこう言っています。

感受性の強い女の子たちだし、普通の青春、感情を逆に味わった方がいい。親権者の同意があれば、僕は(交際に)関与しなくていい

BuzzFeed Japanより引用

アイドル的なアーティスト、例えばAKBや乃木坂など、やはりアイドル

という枠にいるアーティスト達は基本的に恋愛禁止ということが多いです。

 

SPEEDはアイドルという枠とはっきり言えないようにも思いますが、

やはり女性グループという事もあり、アイドルに属していた感もあります。

そんな中でも恋愛に関しては許していたそうです。

確かに若い時の恋愛っていうのは、将来性も何も関係なしに熱くなることがあります。人気商売ですから、恋愛の話が出れば出るほどお客さんは減りますよね。

だけど一方でそれを承知でやってる、覚悟してやってるというか。

BuzzFeed Japanより引用

平社長は人気商売とわかっていながらもそれを腹に決めて活動していたのですね。

恋愛論に関して、自分で何を言ったか忘れてましたが、普通の中高生の青春を送らせてやりたいなという思いはありました。

美しく聞こえるかもわからないけど、それから3年経って、売れなくなってしまったSPEEDの姿を見るのは嫌だなと。ヒットは長くは続きませんから。

BuzzFeed Japanより引用

会社のことも考えなければいけない立場であるのにSPEEDメンバーのことを

想った対応をしていることがこの言葉からもわかります。

 

またSPEEDのメンバーを決める際もいろいろな事を考えて決めたようです。

メンバーは4人とも沖縄アクターズスクールの出身。今井絵理子は派手な子だけど、ソロでいくにはちょっと厳しい。それなら、寛子と組んでユニットにするのはどうだと。寛子の歌は天才的ですから。

ただ、子ども2人だけでは寂しい。そこで上原多香子と新垣仁絵も入れて、4人組としてデビューしました。

BuzzFeed Japanより引用

平社長はグループが結成される前から一人一人の個性を考えて彼女達の

ことを見ていたのですね。

 

ですが。。。

 

スポンサーリンク

解散した理由とは?

その恋愛が人気絶頂のSPEEDが解散する理由になってしまったのです。

 

某番組に出演した元メンバーでヴォーカルを務めていた島袋寛子さんは

きっかけはたぶん私だったと思うんですけど……

RealSoundより引用

と語っています。

 

解散の理由は島袋寛子さんの男性問題。

島袋は3年間にわたって元ジャニーズジュニアの 高橋直気と交際しており、この交際に反対した所属事務所と対立した島袋が「事務所を辞めて、高橋と沖縄で暮らす」と言い出したのだ。

TORIPOD.より引用

スポーツ紙の芸能記者は島袋寛子さんについて語っています。

島袋は他のメンバーとマンションで共同生活をしてた頃から、わずかな暇を見つけては 高橋の家に泊まってたほど一途に惚れ込んでたからね。全国のドームツアーが終わる年末 以降の島袋のスケジュールは真っ白だし、休養と称して本当に引退して沖縄に帰ってしまう可能性は高い

TORIPOD.より引用

島袋寛子さんは本当に好きだったのでしょうね。

ですが、島袋寛子さんはSPEEDを辞めるか気持ちは揺れていたそうです。

解散はある程度決定していたのは確かだが、この時点ではまだ島袋が撤回する可能性 もあったんだ。島袋はSPEEDへの未練はタップリで引退に関して揺れていたからね。

平も、最悪、解散発表までに島袋と高橋の交際間題をきっちり解決してソロ活動へ移行させようという目算だった。ところが、その説得の真っ最中に解散がスッパ抜かれたせい で、島袋が態度を硬化させてしまったんだ

TORIPOD.より引用

メディアが報道してしまったせいで気持ちを硬化させてしまったことには

本当に残念でなりません。

 

さらに残念な事が起こり完全に解散という流れになってしまいました。

平社長が事情を聞こうと二人との話し合いをセッティングしたのだが、高橋 はこれをスッポかしてしまった。激怒した平社長は高橋をクビにするが、島袋が「私だけ クビにならないのはおかしい」と反発した事から話がこじれ、引退宣言にまで発展した

TORIPOD.より引用

迷惑をかけている中でスッポかすというのはよくないと思いますが、

これをきっかけにSPEEDという才能がバラバラになってしまったのは

非常に残念でなりません。

 

スポンサーリンク

懐かしの楽曲を振り返る

SPEEDは数々のヒット曲を出しています。

振り返っていきまししょう。

1996年8月5日にデビューし、解散、再結成をして

全シングル20曲となります。

1.BODY & SOUL
2.STEADY
3.Go! Go! Heaven
4.Wake Me Up!
5.WHITE LOVE
6.my graduation
7.ALIVE
8.ALL MY TRUE LOVE
9.Precious Time
10.Breakin’ out to the morning
11.Long Way Home
12.One More Dream
13.Be My Love
14.Walking in the rain/Stars to shine again
15.あしたの空
16.S.P.D.
17.ヒマワリ -Growing Sunflower-
18.指環
19.Let’s Heat Up!
20.リトルダンサー

 

デビュー曲のBODY & SOULで衝撃的なデビューでしたが、

その後のWHITE LOVE、my graduation、ALIVE、

ALL MY TRUE LOVE、Precious Timeまではダブルミリオンを

含む5連続ミリオンです。




 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

SPEED解散の舞台裏!

解散した理由とは?

懐かしの楽曲を振り返る

について調査していきました。

 

SPEEDは誰もが好きなアーティストとして

人気も高かったので解散してもらいたくなかった

のでとても残念でした。

でも今でも曲を聴くと何度も繰り返し聞いてしまいます。

 

最後までありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました