出産時には忘れずに!出産一時金とは?申請や受け取るための条件

スポンサーリンク

出産の時には申請しておきたいのが「出産一時金」

出産費用は各県により異なりますが、おおよそで40~60万円と高額な金額がかかってきます。

そんな時に助かる制度が出産一時金で、42万円までの支給を受けることができます。

スポンサーリンク

出産一時金とは?どんな制度?

出産・分娩は病気ではありません。ですので保険の適用とならないので、出産は自己負担となります。

つまり出産時にかかる費用である40~60万円(各県により異なる)を自己負担しなければいけないということです。

出産一時金を申請することで、費用の一部が支給されるので経済的にもかなり助かる制度ですね。

全て自己負担となるとかなり高額です、また普通分娩ではなく帝王切開などになった時は出産費用がさらに高くなることもありますので、この出産一時金はしっかりと申請しておいたほうがいいです。

スポンサーリンク

出産一時金の申請方法

出産一時金の支払い制度には2種類あります。

直接支払制度
受取代理制度

それぞれ申請方法が違いますので注意してください。

直接支払制度

健康保険組合など保健機関が医療機関に直接支払う制度です。

■医療機関に保険証を提出
■直接支払制度に関する書類にサインし申込みをする
■病院の窓口に提出する

受取代理制度

小規模の病院で、直接支払制度が使えないことがあります。

その時にはこの受取代理制度を使うことができます。

■加入している保険組合(国民健康保険、健康保険組合、共済保険など)から
「出産育児一時金等支給申請書(受取代理用)」をもらいます。
■申請書に必要事項や出産予定日などを記入します。
■出産する病院で申請書を書いてもらいます。
■申請書を加入している保険組合に提出します。

スポンサーリンク

出産一時金の支給を受け取るための条件

支給対象者となるのは、公的医療保険に加入している被保険者、または公的医療保険に加入している夫の被扶養者です。

対象期間は、妊娠4カ月目(85日目)以降であること(公的医療保険では1カ月28日換算で計算される)。対象期間中であれば、正常分娩のほか、帝王切開、流産、早産、死産、人工妊娠中絶も含まれます。

受給するためには申請書に必要事項を記入して、出産翌日から2年以内に申請します。また、具体的な手続方法は保険者により異なるため、被保険者や被扶養者の場合は加入している健康保険組合(または協会けんぽ、共済組合など)に、国民健康保険に加入している場合は各市区町村に問い合わせましょう。

dodaより引用

基本的には保険機関に加入していること、妊娠4カ月目(85日目)以降であること、がまずは条件になるようです。

スポンサーリンク

出産時には忘れずに!出産一時金とは?申請や受け取るための条件まとめ

出産時の出産費用は40~60万円の費用がかかる

出産一時金の支給申請をすれば高額な出産費用を支払わなくてすむ

出産一時金には2種類あり、それぞれ申請方法が違う

出産一時金を受給するには条件があり、大きくは保険機関に加入していること、もう一つは妊娠4か月以上(85日目)以降であること

 

いづれにしても、自己負担で出産をすると高額な出産費用がかかってしまい、家計にもかなり影響が出てしまうこともあります。

出産一時金のような便利な制度があるならば利用することをオススメします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました