【大河】いだてんの最終回視聴率が過去最低の数字を記録!

スポンサーリンク

モッピー!お金がたまるポイントサイト

画像
NHK公式ツイッターより引用

15日(日)の夜20:00にNHKで放送された

大河ドラマの「いだてん」

今回の放送で最終回を迎えました。

 

いだてんはこの1年間視聴率の低迷に苦しんでいた

ようなのですが、最終回を迎えた12月15日の放送

はどうだったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

「いだてん」過去最低に低迷

全46話で年間を通して放送されたいだてんですが、

初回放送は15.6%を記録しこれから視聴率も伸びていくのか

と思っていました。

 

ですが、そう上手くはいかなかったようです。

視聴率のグラフは徐々に下降し、2月に入った時点で

9.9%を記録。

 

この1ケタ台を記録したことを皮切りに、今回の最終話

まで41話連続で1ケタ台となってしまったようです。

 

そしてその中で最も低い視聴率となってしまった回が、

39話(懐かしの満州)の回で、この日裏で同じ時間に

放送されていたのが、不運にもラグビーワールドカップでした。

 

今年ラグビーワールドカップは今までにないほど話題となり

日本の快進撃に日本中が湧いていました。

 

いだてんの39話は「神回」と言われていただけに

惜しい日となってしまいました。

 

そしてこの39話の視聴率はというと

「3.7%」と大河ドラマの中でも史上最低の視聴率を

記録してしまいました。

 

最終回もそうですが全体のストーリー中でも最低の

視聴率を出してしまったのは非常に残念です。

 

スポンサーリンク

大河ドラマの主役は有名人

大河ドラマに出てくる主役はどの年を見ても

過去に有名だった人がピックアップされています。

 

ですが、今回放送されていたいだてんでは

過去の大河ドラマと違いました。

 

戦国時代であれば、真田幸村、武田信玄

江戸時代であれば、坂本龍馬、近藤勇、西郷隆盛

など、その時代で有名だった人物が主役になっている

ことが大河ドラマに惹かれる要素の一つだと思います。

 

では「いだてん」では誰が主役になっていたのか。

・金栗四三(かなくり しそう)
オリンピックに初参加した選手です。

・田畑政治(たばた まさじ)
オリンピックを呼んだ方です。

いかがでしょうか。

 

この2人は日本の歴史において大変な事をなさった

方達だということはわかるのですが、名前を聞いて

「あの人ね」となるかと言うと少し微妙なところです。

 

やはり大河ドラマというと教科書にも載るような

ビッグネームの方だと、観ようかなと惹かれるところが

あります。

 

そういった要素の部分も今回の視聴率につながって

しまった理由の一つかもしれません。

「主人公の知名度がなさすぎる」「時代が何度も行き来してわかりづらい」「落語のシーンが邪魔」「戦国や幕末ばかりの大河ドラマで放送するには無理がある」

ニュースサイトで読む: https://biz-journal.jp/2019/12/post_132920.htmlより引用

スポンサーリンク

熱狂的ファンを生んだいだてん

低迷の続いたいだてんではありますが、

もちろんファンもいらっしゃいます。

 

物語としては日本の歴史の一部を描いていますし、

オリンピックを日本で開催させることなんて

一般の人から見ればとんでもない事をしています。

偉業を達成したそんなドラマです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

いろいろな要因が重なり視聴率の低迷が

続いた「いだてん」ではありますが、物語としては

この時代に日本で何が起こっていたのかを描いていて

見所は多くあると思います。

 

機会があったら是非ご覧下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました