東京のお花見スポットに行こう!見頃の時期と穴場情報5選

スポンサーリンク

モッピー!お金がたまるポイントサイト

2019年もお花見の季節がやってきました。寒い冬を乗り越え新たな季節の始まり、それぞれが新しい道に進む季節でもあります。

そしてこの季節の醍醐味と言えば「お花見!」
今回は東京を中心にお花見のスポットや見頃の時期をご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

東京のお花見スポット

目黒川/池尻大橋駅

まず最初にご紹介するのは、東京湾まで全長7㎞、約4㎞の桜並木が広がり散策コースとしても人気の高い目黒川です。

川の両岸には約800本ものソメイヨシノが咲き、綺麗なピンク色の桜が花を咲かせ、見る人を注目させる絶景のお花見スポットです。

夜にはライトアップもされ夜桜を楽しむこともできます。明るい時とは違い幻想的にライトアップされ、雰囲気が変わります。

夜桜が見たいという方にはオススメの夜桜スポットですね。

ゆっくりお花見したい、人混みの中で見るのは気が引ける、という方は目黒駅方面、下流のほうが混雑も緩和されオススメです。

比較的ゆっくりとお花見を楽しむことができると思います。

アクセス
■東急田園都市線・池尻大橋駅下車、徒歩すぐ(目黒川上流)
■東急東横線、東京メトロ日比谷線・中目黒駅下車、徒歩約2分(目黒川中流)
■JR山手線、東急目黒線・目黒駅下車、徒歩約5分 (目黒川下流)

また、「目黒川お花見クルーズ」という船上からのお花見もあります。約70分で川岸の桜を見上げる特別感を味わいながらちょっとした船旅をすることができます。

2019年3月21日~4月10日まで運行しています。

公式ホームページ
http://www.zeal.ne.jp/plan/145.html

千鳥ヶ淵緑道/半蔵門駅

千代田区の桜の名所。手漕ぎボートで見る桜はゆったり見れて、ボートの中の自分達だけの空間で見る桜はまた格別です。

皇居西側の千鳥ヶ淵緑道には、約260本ものソメイヨシノや大島桜などを見ることができます。

遊歩道を歩くと、頭上に桜が覆うように咲いており、まさに桜のトンネルを歩いているようです。

3月27日~4月7日の期間は千代田のさくらまつりが開催され、この期間は千鳥ヶ淵緑道のLEDライトアップがあり夜桜を堪能することができます。

その他にも、区営千鳥ヶ淵ボート場の夜間特別営業もされるので、水上からの夜桜も必見です。

毎年世界中から100万人以上が訪れる千鳥ヶ淵。一度お花見に訪れてみてはいかがでしょうか。

アクセス
地下鉄「九段下駅」2番出口から、徒歩5分
地下鉄「半蔵門駅」5番出口から、徒歩5分

アクセスマップはこちら
https://visit-chiyoda.tokyo/sakura/access/

新宿御苑/新宿御苑前駅

毎年約100万人が訪れるお花見スポットの新宿御苑。
圧巻の約65種1000本の桜が植えられた庭園は、まさにお花見スポットと言われる由縁ですね。

桜のシーズンもそうですが、1年を通して多種多様の花が咲いますので、ある意味いつ来園してもお花見ができる場所です。

ソメイヨシノ、シダレザクラ、ヤマザクラ、シダレソメイヨシノ、オオヤマザクラ、などの桜の他、初めて聞くような桜が色々とあります。
↓↓↓
http://fng.or.jp/shinjuku/place/archives/shinjuku_flower_sakura1.html

2月~4月下旬の長い期間にわたり桜が咲いているので、「今年はまだお花見に行っていない」という方も行けるチャンスはあるのではないでしょうか。

春の特別開園
3月25日~4月24日は春の特別開園を行っており、毎日休まずに開園しています。

【開園時間】
●9:00~16:00
(16:00入園終了、16:30閉園)
●温室  9:30~15:30
(15:30入館終了、16:00閉館)
●食堂  9:00~16:00
●茶室  10:00~16:00
●散策路 9:00~16:30

【休園日】
毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌平日)

【入園料】
一般200円/小・中学生50円/幼児無料

【駐車場】
大木戸駐車場
●利用時間 6:30~21:00(出庫は24時間可能)
・普通車
2時間まで600円、以後30分毎200円
当日最大料金(当日24時まで)2,400円

・大型車
1時間まで2,000円、以後30分毎500円
一泊最大料金(20:00~翌8:00)3,000円

詳しくはこちらをご覧ください
http://fng.or.jp/shinjuku/

アクセス方法詳しくはこちら
http://fng.or.jp/shinjuku/access/index.html

六義園/駒込駅

江戸時代にも代表とされる大名庭園。何と言っても六義園の見所は、滝のように流れ落ちるのが特徴のシダレザクラです。
その他にはソメイヨシノも見る事ができます。

3月21日~4月3日に開催予定の【しだれ桜と大名庭園のライトアップ】
この夜桜が幻想的で明るい時とは違う姿を見せてくれます。
高さ約15m、幅約20mのしだれ桜は圧巻の一言。これを見に行く価値はあります。

【アクセス】
JR山手線・東京メトロ南北線「駒込」(N14)下車 徒歩7分
都営地下鉄三田線「千石」(I14)下車 徒歩10分
【開園時間】9:00分~17:00分(入園は16:30分まで)
【休園日】年末・年始 (12月29日~翌年1月1日)
【入園料】一般:300円
65歳以上:150円
(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無
料)
20名以上の団体・一般及び中学生:240円
20名以上の団体・65歳以上:120円
【駐車場】駐車場はありませんのでご注意ください。

六義園ホームページはこちら
https://www.tokyo-park.or.jp/teien/contents/index031.html

六本木ヒルズ

都会で味わうお花見スポットといえば六本木ヒルズでのお花見。日本的な庭園のお花見とは違い、六本木ヒルズの超高層ビルを一緒に眺めながら桜を見ることが醍醐味ですね。

ヒルズタワーを眺めながら桜を見る、昔ながらのお花見ではなく、現代のお花見といった感じがあり雰囲気もまた違います。

4月5日~4月7日には六本木ヒルズ春まつりが開催されます。

着物レンタル、グルメ屋台、スペシャルパフォーマンス、桜のライトアップなど、お花見以外でも楽しめるイベントが開催されます。

【時間】
4月5日(金)17:00~20:00
4月6日(土)12:00~18:00
4月7日(土)12:00~18:00

入場は無料です。

詳しくはこちら
https://www.roppongihills.com/events/2019/04/004999.html

【アクセス】
アクセスはいろいろとあり詳しく紹介されているので、こちらをご覧ください。
https://www.roppongihills.com/access/train.html

こちらの記事でも東京のお花見スポットをご紹介しています。
https://bcanews1.com/post-161/

コメント

タイトルとURLをコピーしました