山崎裕太 あっぱれさんま大先生の現在 子役時代の画像と妹や母を調査

スポンサーリンク

モッピー!お金がたまるポイントサイト

明石家さんまさんが先生として子供とトークをするバラエティー番組のあっぱれさんま大先生の卒業生でもある、山崎裕太さんが話題になっています。

この記事では、山崎裕太さんあっぱれさんま大先生時代の心境について、その後の舞台にかける心境についてまとめていきます。

また、子役時代だったころの画像や家族関係についてもまとめていきます。

 

スポンサーリンク

山崎裕太 あっぱれさんま大先生は泣くほど嫌だった

山崎裕太さんがあっぱれさんま大先生に出演していたのは小中学生の頃、同じ生徒には内山さんがおり、特に2人は目立った存在でした。

山崎裕太さんは、大先輩でもある先生の明石家さんまさんに、ズバズバ物を言うヤンチャな生徒でした。

そんな山崎裕太さんも現在は38歳となり、今や名バイプレーヤーとして俳優の道を歩いています。

そして今回のインタビューで「あっぱれさんま大先生」に出演していた頃のことについて「泣くほど嫌だった」と明かしています。

子供の頃に仕事やりたくないと思っていた理由は、売れっ子の芸能人ならではの理由がありました。

「楽しい学校に忙しくてあまり行けない」
「大好きなサッカーができない」
「友達とも遊べない」

など、子供ならではの理由です。

あっぱれさんま大先生は毎日収録があったそうなので、相当忙しかったんだろうなと思います。

また、子供ならではの理由の他に、「そんなことはなかったと思いますけど」と山崎裕太さんがインタビューの中で言っていますが、母親に「お前が働かないと弟が学校に行けない」と言われたことがあるそうです。

仕事を辞めさせないために言った母親の愛情なのかもしれませんが、その当時は、芸能界の仕事をすればいいお金になったので働かされてた、そんな感覚で仕事をしていたそうです。

その後も、自分が辞めて何かあったら、妹や弟がご飯を食べられなくなるんじゃないかと思ったりもしたそうなのですが、ある時、周りの友達と自分を比較してみた時に、勉強でもスポーツでも秀でているものがないと気づき、自分が負けないものは何だ?と考えたら、「この仕事しかないんだ」という事に気づき火が付いたそうです。

インタビューのコメントを見ても、すごく家族想いで責任感のある方なんだなというのがわかりますね。

 

スポンサーリンク

山崎裕太 あっぱれさんま大先生その後現在は芝居で生きると決めた超硬派

山崎裕太さんは、あっぱれさんま大先生で人気が出たこともあり、そのままバラエティタレントとしての道もあったと思うのですが、俳優の道を選びました。

7年ぐらい前に「芝居に生涯を捧げる」と俳優を一生やると心に決めたそうです。

38歳にして芸歴は35年と、長くにわたり芸能界に身を置いていますが、それでも人生80年と考えるとまだまだ倍ぐらい先はある、「俳優としていろいろやれると思うと楽しみでしょうがない」と語り、これから先も俳優としてやっていくと言っています。

また、一生俳優をやるという気持ちが行動にも表れていることがわかります。

そして、パフォーマンスを維持するためにしていることをインタビューで言っています。

俳優としてのパフォーマンスを下げないために、グルテンとカフェインをとらない生活を、もう3年以上続けています。パン、粉モノ、うどん、パスタは食べませんけど、お米が食べられるので困りません。飲むのは、普段は水素水かルイボスティー。1年間、毎日10キロ走って、疲れない身体作りにつとめたこともあります。健康のためにというより、こうした生活を送ったほうが良いパフォーマンスに繋がるから、という思いで続けています。

ENCOUNTより引用

プロの俳優としての意識の高さが感じられるコメントですね。

 

現在は、一人芝居「赤ずきんちゃんのオオカミ」に挑戦しているそうで、3月からスタートするそうです。

意識の高い山崎裕太さんですので、この舞台も期待できそうですね。

スポンサーリンク

山崎裕太 あっぱれさんま大先生 子役時代の画像

山崎裕太さんは、芸歴が35年、年齢は38歳です。

人生のほとんどを芸能界で過ごしているわけですね。

そんな、山崎裕太さんの子役時代はどんな子だったのでしょうか。

クリックすると新しいウィンドウで開きます
イーストエンド劇場より出典

クリックすると新しいウィンドウで開きます
NAVERまとめより出典

映画「グッバイママ」「REX恐竜物語」に出演していました。

やはり子供ですからかわいいですよね。でも表情からヤンチャなのかなという感じも感じられますね。

 

また、兄弟がいるようなのですが、と10歳離れた妹さんがいるようです。

妹さんは、山崎裕太さんが名付けたそうで、名前は「芽論(メロン)」だそうです。

山崎裕太さんらしい個性的な名前をつけられましたね。

お2人とも芸能関係には関わっておらず一般人のようです。

 

母親は、山崎裕太さんが幼少期の時に離婚しており、1人親として水商売をしながら3人の子供を育てていたそうですが、小学校5年生の時に再婚したそうです。

 

スポンサーリンク

山崎裕太 あっぱれさんま大先生 おわりに

・山崎裕太 あっぱれさんま大先生は泣くほど嫌だった

・山崎裕太 あっぱれさんま大先生その後現在は芝居で生きると決めた超硬派

・山崎裕太 あっぱれさんま大先生 子役時代の画像

についてもまとめていきました。

 

これから始まる挑戦に応援していきたいですね。

どんな俳優人生を送っていくのか楽しみです。

最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました