吉本実憂 Jowが彼氏!ドラマや歌で活躍!高校などプロフもチェック

スポンサーリンク

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ドラマや歌手としても活躍しているタレントの吉本実憂さん(23)とシンガーソングライターのJOWさん(32)が話題になっています。

この記事では、吉本実憂さんとJowさんの話題の内容についてをまとめていきます。

また、出身高校や出演したドラマなどのプロフィールもまとめていきます。

 

スポンサーリンク

吉本実憂 Jowが彼氏!?話題の内容

吉本実憂さんとJowさんが話題になっている内容とは何なのでしょうか。

二人は令和元年12月の深夜にバイクで”ニケツ”している姿がスクープされ、付き合っているのではないかと話題になっています。

吉本実憂さんは、2012年の国民的美少女コンテストでグランプリを獲得し芸能界入りを果たしました。

その後、ドラマや歌で活躍するタレントとして現在も活動しています。

二人が”ニケツ”をしている姿は、後部座席の吉本実憂さんがギュッと抱きついているように見えます。


FLASHより出典

吉本実憂さんとJowさんが向かった先は、おしゃれな街のミュージックバー。

そのミュージックバーは芸能人が集うバーと知られています。

バーに入った二人は、友人と合流し年末の忘年会を楽しんでいたようです。

Jowさんはウーロン茶。バイクの運転もありますから当たり前ですが。

吉本実憂さんは赤ワインを飲みながら楽しい話で盛り上がっていたようです。

そんな中でもJowさんに甘えるようなしぐさも見せていたそうで、その姿から想像するとやはり二人は付き合っているのではないかと思えてきます。

 

スポンサーリンク

吉本実憂 Jowとはどんな人物?

吉本実憂さんの相手と思われるJowさんですが、Jowさんはどんな人物なのでしょうか。

Jowさんはシンガーソングライターとして活躍されている歌手です。

東京都内のクラブやライブハウスを中心に活動しているようです。

R&B、Soulなどを昇華させた音楽をスモーキヴォイスで歌っており、楽曲は自ら作詞作曲を行っています。

ピアノの弾き語りやバンド、ダンサーを率いたステージそのパフォーマンスは盛り上がっているようです。

今はまだメジャーというわけではないようですが、これからの活動に期待ができる歌手なのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

吉本実憂 Jow ドラマや歌で活躍

Jowさんも歌で活躍されているのですが、吉本実憂さんの活躍はどうでしょうか。

2012年の国民的美少女コンテストでグランプリに輝き芸能人入りをしましたが、芸能界に入り最初の仕事となったのは、ラルフローレンの直営旗艦店のオープニングレセプションへのゲストでの参加。

そして、2013年に同じ国民的美少女コンテストに参加したメンバーとともに、ガールズユニットの「次世代ユニット×21」を結成し、ユニットのリーダーとしてグループをまとめていたようです。

リーダーということは人をまとめたりする能力も長けているのかもしれませんね。

また個人としては高校野球のイメージキャラクターや、お菓子のオレオのCM、テレビドラマへの出演、時代劇や大河ドラマ(軍師官兵衛)にも出演しています。

映画の出演もあり、主演として「ゆめはるか」という映画が公開されました。

その他にも、旅番組や複数のドラマ、アニメの声優、舞台、ラジオなど、いろいろな方面で活躍されています。

吉本実憂さんが今後もどんな活躍していくのか楽しみなタレントさんです。

 

スポンサーリンク

吉本実憂 Jow 高校などプロフィール

いろいろな方面で活躍されている吉本実憂さんですが、高校などのプロフィールも調べてみました。

出身地 福岡県
生年月日 1996年12月28日
血液型 AB型
身長 160.5cm
趣味 ダンス
特技 小倉祇園太鼓・バスケ

子供の頃ははだし校庭を走っていたような少女だっそうです。

特技の小倉祇園太鼓では、自分専用のバチを持っているそうで、かなり熱中していたようですね。

国指定重要無形民俗文化財の祇園祭で、400年続く祭りの中で太鼓を叩くという歴史あるものです。

出身高校は、福岡県にある県立小倉商業高校の出身ですが、芸能界に在籍していたため途中から上京し日出高校に入学しています。

 

スポンサーリンク

まとめ

・吉本実憂 Jowが彼氏!?話題の内容

・吉本実憂 Jowとはどんな人物?

・吉本実憂 Jow ドラマや歌で活躍

・吉本実憂 Jow 高校などプロフィール

をまとめていきました。

 

お2人が付き合っているのかは確かではありませんが、もし付き合っているのであれば、お互い芸能界で仕事をしていることもありますし、互いに励まし合いながら活躍の場を広げていってもらいたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました